オアスタジオは、『絵師を目指す人のブログ』としてイラスト上達の知識を始め、幅広いホビーを共有するブログです!

【髪の描き方】今すぐ実践可能!ロングヘアーの超簡単な描き方と解説!【男性の髪型】



序章 髪の描き方について

どうもみなさん!副業イラストレーターのオア(@ORE_artstudio)です!!

今回は、友人から髪の種類や流し方が分からない・・・という声が届きました!

メイキング本や描き方講座をいくつか見ると、基本的な描き方は教えてくれるけど難しい・・・

そんな方の為に下敷きにして練習して頂いたり、図鑑のような形で見ていただければと思います!

というわけで今回はロングヘアーの描き方です!

オア(筆者)

サラッと基本に関して書いてありますが、もう知ってる!という方は目次から飛ばしちゃってください!!

第一章 髪を描くための基本スキル

髪の流れ

髪を描く際に最もといっていいほど意識する部分が髪の流れです!

分け目、つむじ、生え際といった流れを意識することで、現実の髪の毛のように髪型を自由にセットできるようになります!!

例えば、今回のような男性の髪型はつむじを意識します!

渦巻きを意識するようにぐるぐると描いていくと男性のそれらしい髪型に近づき、逆に分け目を意識すると七三分けや女性らしい印象を与えます。

逆に今回のロングヘアーのような女性らしい髪型は分け目を意識して描きます。

今回使用する素体は簡易的に流れが分かるよう、十字の当たりをつけています。

毛先の描き方

次に大事なのが毛先!これが雑だと全体が残念なイメージになってしまいます・・・

現実の髪の毛も先に行けば行くほど細くなります。これはイラストでも同じです!

というのが一般的な考えですが、TOPレベルのイラストレーターは印象を出すため、上の画像のようにあえて毛先を太くするテクニックもあります

逆に丸みを帯びているカーブ部分を細くしたりするテクニックもあります!

デフォルメキャラや絵柄によっては線を均一の太さにすることで、小物のような可愛らしい印象を与えることも可能です!!

毛先を分ける

そして毛先を分けるスキル!これが出来ればクオリティーが格段にあがるんです!!

マルとバツの画像を見ていただけると一目瞭然ですが、基本的に細い毛先と太い毛先で構成しています。

毛先を大きく分ける場合もいくつか種類があり、離れるタイプと元に戻すタイプ、画像にはないですが外にハネさせるタイプが代表的です!

一見複雑そうで難しいイメージですが・・・細い、太いのルールを使えば簡単にできちゃいます!

三本以上分ける場合、だんだん細くしたり途中でハネをつくるとメリハリや遊びがでて楽しいヴィジュアルになりますよ!!

第二章 ロングヘアーの描き方とポイント

描き方

  1. つむじを意識して前髪を描きます
  2. もみあげの生え際を隠すように横髪を描きます
  3. 首元を目指すようにして後頭部を描きます
  4. 転々と外ハネを描き、軽いパーマをかけたら完成!

ポイント

  • 前髪は上にかき上げてオーバーヘッドのようにアレンジしても面白いです!
  • 後ろで結んだりすると少しキザな男性を演出できますよ!

第三章 色んなパターンや派生の髪型 

パターン変化

先ほどよりもパーマを強くしてみました!なんだかお坊ちゃま味が増しましたね・・・

先ほどよりも外ハネを増やし、アホ毛のようなものも描き足してみましたw

  • ショート+パーマは聡明なイメージに対して、ロング+パーマはキザやアンニュイなイメージ!
  • パーマ(くせ毛)を描きすぎるとただのパーマヘアーになってしまい、ロングヘアーの特徴が損なわれてしまうので注意!
オア(筆者)

某エヴァンゲリオンのカジさんとかが分かりやすいんじゃないでしょうか?パーマじゃなかった気がしますがw

セミロングのパターン

多分ですけど大抵の男性が普通に髪を伸ばすとこうなりますwセミロングです!

ショートヘアーだった友人が気づいたらこうなっててビックリしましたねw

  • 女性編のボブヘアーを参考にすると描きやすい!
  • 髪質の手入れをしないと大抵ゴワゴワになるので、それを外ハネで表現すると男性らしくなります
  • キャラとしては少しぐれた小生意気な感じを、ただし前髪をパッツンにすると整った神聖なイメージに!
オア(筆者)

某ジブリのハクとかが分かりやすいんじゃないでしょうか?

前髪を上で縛っても面白いアレンジになるので、前髪がかなりキーパーソンになりますね!

おまけ 超ロン毛パターン

男性のロン毛だとこれが一番有名な気もしますw個人的な意見ですが・・・

あ!と思ってササっと描いたので粗いですが・・・正直難しいですw

生え際、分け目をフルに使うので描く際はそれらのポイントに気を付けて描いてください!

まぁ、多分この記事見ているようなマニアックな方なら描けちゃいますよね!はいw

オア(筆者)

某FFの天使ですね~

ここまでのロン毛ってかなり珍しいですけど、確かに強キャラ感が簡単に出るんですよねw誰とは言いませんが・・・

最終章 まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はロングヘアーの描き方とポイント、そしてその派生を記事にしました!

今後も各々の髪型をはじめ、本にも載っていない色んなテクニックを紹介していきますのでよろしくお願いします!

ポイント

  • ロングヘアーはストレートとパーマで使い分けると表現の幅が広がる!
  • ストレートは分け目を、パーマはつむじを意識するとグッド!
  • 後ろで縛ったり前髪を縛ったりなどのアレンジがある!
  • 後ろで縛れば大人びてミステリアスな印象を、前髪を上で縛ればやんちゃな印象を与えることが可能!
  • 腰下くらいまでの超ロングヘアーは強キャラ感が出せたり、底知れない過去を彷彿とさせることが可能!
オア(筆者)

ロングヘアーはこれでおしまいです!

ロングヘアーは正直描くのもキャラに紐づけるのも難しいんですよねw

なぜなら髪の手入れが面倒だと感じる男性は基本ショートヘアーなので、整ったロングヘアー(サラサラや不潔に見えないパーマ)はギャップがあるんですよね。

なので使いどころを間違えるとかなり浮いた存在になっちゃうんですよ!はいw

この記事で紹介したことはあくまで基礎知識です!

なので基本形が描けるようになったらドンドン!アレンジや応用系の髪型にも挑戦してください!

それではありがとうございました!またお会いする時を楽しみにしています!!

合わせて読みたい

関連記事はこちらからどうぞ!

新着記事はこちらからどうぞ!