オアスタジオは、『絵師を目指す人のブログ』としてイラスト上達の知識を始め、幅広いホビーを共有するブログです!

【髪の描き方】今すぐ実践可能!ボブヘアーの超簡単な描き方と解説!【イラスト上達】



序章 髪の描き方について

どうもみなさん!副業イラストレーターのオア(@ORE_artstudio)です!!

今回は、友人から髪の種類や流し方が分からない・・・という声が届きました!

メイキング本や描き方講座をいくつか見ると、基本的な描き方は教えてくれるけど難しい・・・

そんな方の為に下敷きにして練習して頂いたり、図鑑のような形で見ていただければと思います!

というわけで今回はボブヘアーの描き方です!

オア(筆者)

サラッと基本に関して書いてありますが、もう知ってる!という方は目次から飛ばしちゃってください!!

第一章 髪を描くための基本スキル

髪の流れ

髪を描く際に最もといっていいほど意識する部分が髪の流れです!

分け目、つむじ、生え際といった流れを意識することで、現実の髪の毛のように髪型を自由にセットできるようになります!!

例えば、今回のようなツインテールなどは髪を束ねる髪型なので、それらが意識できないとデッサンの狂った違和感まみれの髪になってしまいます・・・

今回使用する素体は簡易的に流れが分かるよう、十字の当たりをつけています。

毛先の描き方

次に大事なのが毛先!これが雑だと全体が残念なイメージになってしまいます・・・

現実の髪の毛も先に行けば行くほど細くなります。これはイラストでも同じです!

というのが一般的な考えですが、TOPレベルのイラストレーターは印象を出すため、上の画像のようにあえて毛先を太くするテクニックもあります

逆に丸みを帯びているカーブ部分を細くしたりするテクニックもあります!

デフォルメキャラや絵柄によっては線を均一の太さにすることで、小物のような可愛らしい印象を与えることも可能です!!

毛先を分ける

そして毛先を分けるスキル!これが出来ればクオリティーが格段にあがるんです!!

マルとバツの画像を見ていただけると一目瞭然ですが、基本的に細い毛先と太い毛先で構成しています。

毛先を大きく分ける場合もいくつか種類があり、離れるタイプと元に戻すタイプ、画像にはないですが外にハネさせるタイプが代表的です!

一見複雑そうで難しいイメージですが・・・細い、太いのルールを使えば簡単にできちゃいます!

三本以上分ける場合、だんだん細くしたり途中でハネをつくるとメリハリや遊びがでて楽しいヴィジュアルになりますよ!!

第二章 ボブヘアーの描き方とポイント

描き方

  • 1、前髪を描きます!
  • 2、あごを基準に内巻きに描きます!
  • 3、反対側の毛を描いていきます!
  • 4、全体を整えたら完成!

ポイント

  • 1、フワッと横に流すと可愛い印象が増します!分け目を意識するとグッド!
  • 2、だんだん下から上に毛先が行くように描くことがポイントです!
  • 3、盛りすぎると不自然になります。遅れ毛や細毛をチョンと描くとグッドです!
  • 4、全体のバランスをポイント1~3を参照に整えクオリティーアップを狙います!

第三章 色んなパターンや派生の髪型

あご下から描く

先ほどのポイントに上がったあご下から描いたパターンです!

あご上から描くと少しセミロングっぽさが出るのでボブヘアー感が減少します。

  • セミロングを意識すると描きやすい!
  • セミロングよりも内側にふわっとなっているのでふわふわした雰囲気で可愛らしいイメージ!
オア(筆者)

もっと内側に巻き巻きしてもアリですね!

少しパーマにしてみる

内巻きに反するようにいくつか遅れ毛を描いてみました!

情報量がこれだけで増えるので簡単に個性分けしたり、少しおてんば娘感を出すことが出来ます!

  • あまりやりすぎると寝ぐせのようにだらしない印象になってしまうので注意!
  • 外側に跳ねた後に内側に軽く戻すとパーマの印象が強くなるのでおすすめ!
オア(筆者)

パーマ+ボブはまとまった可愛らしさとユーモアが両立していていいですね!

ボブはただ下すだけじゃなくて結んだりと他の髪型と組み合わせることでその魅力は倍増します!

基本形のショートやロングと比べると少しレベルの高い髪型ですが、三つ編みやハーフアップに比べれば比較的容易な部類なのでお手軽です!!

最終章 まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はボブヘアーの描き方とポイント、そしてその派生を記事にしました!

今後も各々の髪型をはじめ、本にも載っていない色んなテクニックを紹介していきますのでよろしくお願いします!

ポイント

  • ボブヘアーはカールさせるレベル、長さでかなり印象が変わります!
  • パーマとの相性が良い!
  • 遅れ毛のハネが強すぎるとと寝ぐせのようなだらしない印象をあたえてしまう恐れがある!
オア(筆者)

ボブヘアーはこれでおしまいです!

ふわっとした印象であどけなさや、パーマをかけると楽観的でユーモアのある印象を与えるボブヘアーは僕もお気に入りです!

それではありがとうございました!またお会いする時を楽しみにしています!!

合わせて読みたい

関連記事はこちらからどうぞ!

新着記事はこちらからどうぞ!